消費税8%で購入・新築できるのはいつまで?

2018年5月現在、政府の発表では、2019年の10月1日に消費税を10%に引き上げるとされています。
そのタイミングですべての消費に対して10%の税金が掛かることになりますから、予定通りに行けば2019年の10月1日以降に物件購入した場合は、もれなく消費税10%分の税額を支払うことになります。
しかし、ゼロから家を作っていく注文住宅に関しては、特別な経過措置が用意されています。2019年3月31日までに請負契約を済ませておけば、引渡しが2019年10月以降であっても消費税8%で済みます。
このままスケジュール通りに消費税率が引き上げられた場合、消費税8%で購入できるのは2つのタイミングになりますのでぜひ覚えておきましょう。


①「2019年3月31日までに請負契約した物件」
②「2019年10月1日以前に引き渡しが完了した物件」
 

消費税8%適用のスケジュール

2019年3月31日以前に請負契約をしていれば、引き渡しが10月1日以降でも消費税8%
2019年10月1日以前に購入の契約をしても、引き渡しがそれ以降なら消費税10%


こちらはリフォームに対しても同じ措置があります。特に、数年のうちに大型のリフォームをご検討されている方にとっては、消費税8%でリフォームされたほうがおトクと言えるでしょう。

消費税10%の増税は住宅購入にどのように影響する?

冒頭でも少し触れたように、住宅購入は非常に金額の大きな買い物です。
その中でもメインとなるのが、建物の価格です。ちなみに、土地についてはそもそも消費するものではないため、消費税の対象にはなりません。


例えば、3000万円の物件を購入したとすれば、消費税8%の時は合計3240万円、消費税10%の時は合計3300万円となります。
その差はなんと60万円。 

増税での負担額比較(3,000万円の物件の場合)

元々の金額が大きい分、インパクトが小さく感じるかもしれませんが、60万円もあればご家族で海外旅行にも行けます。そう考えると、決して馬鹿にすることはできない額と言えるでしょう。もちろん物件の値段が上がれば上がるほど、その差はさらに大きくなっていきます。
さらに住宅購入の際には、諸経費といって物件以外に対しても支払わなければならない費用があります。その中にも消費税の影響を受けるものがあり、代表的なものとして「仲介手数料」「融資手数料」「登記手数料」などが挙げられます。それぞれ、物件や土地を販売してくれた仲介業者に支払わなければいけないお金、ローンの融資をしてくれた銀行に支払わなければいけないお金、そして登記作業をしてくれた司法書士へ支払わなければいけないお金です。
物件費に比べると安いものかもしれませんが、それでも仲介手数料などでは数十万単位のお金が掛かってくるため、消費税分だけで数万円の違いが出てくることになります。また、これらの諸経費はローン支払いができず、原則現金で用意をする必要がありますので、それを見越した自己資金の準備も同時に必要になってくるでしょう。
住宅購入に関して消費税が掛かる費用は以上ですが、ほかにも引越しをするための費用や、家具家電を揃える費用も必要になるはずです。当然それらも消費税率引上げの影響を受けるポイントですから、増税の影響は計り知れません。
このように、たった2%の違いが、100万円、200万円の差を生み出してしまうのです。
 

お得に住宅購入・建替えできるベストなタイミングは?

 
今回は、消費税の増税に伴う、住宅購入・建替えに関するお金の話を紹介してきました。
「住宅購入」には、たった2%の差が大きく響いてくるということがお分かりいただけたと思います。
 
現時点で「住宅の購入は検討していない」「建替えの予定はない」という人は、焦って無理に動く必要はありませんが、近い将来に住宅購入を検討しているのであれば、早ければ早いほど得策と言えます。
消費税はもちろんですが、2020年に向けた建設ラッシュにより物価も上昇傾向にありますから、尚のこと早めのアクションが重要になってくるでしょう。
もしも本格的に購入を検討する場合は、2019年10月1日までに、引っ越しや家財道具の購入までを済ませられるスケジュールをお薦めします。
せっかく物件価格を抑えて購入できたとしても、10月以降にたくさん買い物をして、余分のお金が取られてしまってはもったいないからです。
 
注文住宅は検討し始めてから完成まで意外と時間がかかります。
間取りを決めるプランニングの間も、理想の住宅にしたいという思いから何度も手直しをして、考えていた日程通りに契約することができないという状況も考えられます。
お子様の成長に合わせての住宅購入をお考えの方やお庭のある一戸建てに住む夢をお持ちの方など、いずれ新築・建替え・リフォームを希望している方は、なるべく早く行動を起こすようにしていきましょう。